バスの件ですが。。【釣行記】

ブラックバスの釣り日記ってやつですね。
相模湖がメインですかね。
まあ初心者の私が書いているものなんで
皆様の釣りに役立つことはないです。。
ニヤリ程度に笑えます。
2012年1月14日 ベイトフィネスについて語る
JUGEMテーマ:趣味

バスの件ですが。。【TOPページへ】
バスの件ですが。。【釣行記一覧へ】


ここ数年話題となっているベイトフィネス。
そんなベイトフィネスについて真面目に語ります。
軽量ルアーをまともにキャストできないヘタッピなくせに語ります。
語るってほどじゃないんだけど語ります。



気持ちは釣り行きたいけど体は寒くて行きたくない。

そんな生殺し状態なもんで
徒然なるままに適当なこと書いて鬱憤を晴らしますってわけ。




ベイトフィネスっつーと
ベイトタックルを使ってライトリグでフィネスな釣りのこと。

スピニングでは扱いづらい太いラインを使い
手返しよく精度の高いアプローチで繊細な釣り。

スピニングでは臆していた
カバー周り、カバー内へライトリグを送り込み
フィネスな釣りを展開。


ベイトフィネスはタックルありきなわけ。

軽量なルアーをストレスなく扱うには
それなりのタックルが必要なわけ。

・リールの軽量化
・軽量スプール
・リールのハイギヤ化
・高性能ベアリング
・ロッドの軽量化
・マイクロガイド




ベイトフィネスってーと
上記のことについての説明をよく見聞きしますわなぁ。

特にリールの進化についてはワクワクしますよね。
ええ!?そんな軽いルアーがこんなに飛ぶのぉ?とかね。


ただベイトフィネスってのは
ライトリグをキャストできればいいってもんじゃなくて
繊細な操作もできないといけないと思うんですよ。


もちろん、ベイトでも繊細な操作が可能なわけですが、
それでもスピニングと比べると
スピニングの方が操作しやすく感じません?

同じロッドにベイトをつけた場合と
スピニングをつけた場合とで比べても
スピニングの方が操作しやすいと思います。




そう。
私が「ここが何気にキモじゃね?」思うのは
タックルの重心。


つまりリールがロッドの上にくるか下にくるか。


重いものが下にきた方が重心は安定するわけだから
ロッドを保持することにチカラを余計に取られることなく
ロッドの操作ができるってわけ。


つまり繊細な操作がやりやすいということ。


なので普通に持った場合
リールが下にくるスピニングの方が
リールが上にくるベイトより操作しやすいってわけ。


そんなわけで
ベイトフィネスでリグを操作する時は
普通の持ち方とは逆に
ベイトリールが下にくる持ち方をするべきと思うのです。



となると当然、あれが邪魔になります。

とんがってるアイツ。
そう、トリガー。



そこで私が思うベイトフィネスロッドとは
トリガーレスであるということ。


それにより
トリガーに制約されることなく自由なグリップができ
繊細な操作がしやすくなると思うのです。
まさにベイトでフィネス。




それでも、ある1点において不自由さが生まれます。
それはシェイクしながらリールを巻くという動作。


ベイトリールを巻くためには
リールがロッドの上にこなければなりません。

まぁ、けど、リールがロッドの上でも
それなりにシェイクしながらリールは巻けます。


けどそれは横シェイクの話。


圧倒的にやりづらいのは縦シェイクしてのリーリング。


手の構造上、
手の甲側、手のひら側へのシェイクはやりやすいのですが
親指側、小指側へのシェイクは違和感ありまくり。


普通にベイトタックルを握ってみて
縦シェイクしてみてください。
「うお?何か気持ちわる」ってなります。

横シェイクしてみてください。
「ちょー、きもちいいー」ってなります。


今度は
リールに邪魔されず持てる、リールより下のグリップを
縦シェイクしやすいように握って縦シェイクしてみてください。

まぁ、普通に縦シェイクができますよね。


今度はロッドをクルっと回してリールが下にくるようにして
縦シェイクしやすいように握って縦シェイクしてみてください。


先ほどと比べると、チカラをいれずに縦シェイクできませんか?


これが下に重心がくるというメリット。



リールをロッドの下側にした場合でも普通にラインを巻きたい。

そこで私が思うベイトフィネスリールとは
ハンドル逆回転でもラインが巻けるということ。



。。できるの?そんなリール。




結局何が言いたいかってーと、
ベイトフィネスタックル持ってる人いいなぁ〜。。
ベイトフィネスタックル1式欲しいよぅ〜。。
ということです。





| bassken | どーでもいいこと | 13:39 | comments(4) | - | - | -
2011年7月16日 日々此釣也
JUGEMテーマ:趣味


バスの件ですが。。【TOPページへ】
バスの件ですが。。【釣行記一覧へ】


さ〜て、3連休だし釣りに行くかね。
けど暑いしなぁ〜。。
どれどれ土曜日の天気はっと。



赤い晴れマーク。



おいおい。。
今まで晴れはオレンジ色だったのに赤って。。


「私はまだ最終形態ではないですよ?ザーボンさん。」


フリーザ様の台詞が脳内再生される。
クリリンがやられて怒らないと勝てないレベルってやつだ。

こりゃぁ、やばいね。。
家で扇風機でも浴びてよ。。





てことで、まぁ、釣りには行っておりませんので
先日の出来事でもぐだぐだと書きますよ。




片道2車線の道路の右車線を
だらだらと車で走ってたのですよ。



そしたらね、
左車線にいた車がスッと前に入ってきたのです。



前の車を抜いて左車線に戻るわけでもなく
ただ左車線の車と同じスピードで並列にならんで。


「何がしたいんだっ!」
まぁ、そんなツッコミを軽くいれといてっと。


別に急いではないので
イライラすることもなく普通に後ろを走る感じ。

で、ちょっとしたら
左車線の車を抜くことも無く
左車線に戻っていきました。



「なんやねんっ!」
まぁ、そんなツッコミを軽くいれといてっと。


で、その間に前の車との距離が開いたわけで。

まぁ、心理的に距離を縮めたいので
アクセルを踏み込んで加速っと。



したら、さっきの車が
スッと私の後ろに入ってきました。



「繰り返すんかいっ!」
まぁ、そんなツッコミを軽くいれといてっと。
引き続き加速っと。




「ファーーーーーーン!!」




けたたましくなるサイレン。
さっきの車の上で光まくる赤色灯。


「覆面かいっ!」
まぁ、そんなツッコミを軽くいれといてっと。
誘導されて駐車っと。


覆面の車内につれていかれ
「はい、20kmオーバー。
 はい、減点2点。
 はい、1万5千円。」
そして、釈放。



自分の車に戻り「あっ!」と思いましたね。
「これ、サイトだ!」と。


まず、バス(私)を見つけてロックオン。



そのままでは喰ってこない。
(スピードを出す気配がない。)



反応するか違う手を使ってみる。
(前の車との距離を離さしてみる。)



バイトッ!
(スピード違反!)



ひとしきり魚体を眺め
デカけりゃライブウェルへ、
小さけりゃリリース。
(私はこばちゅかいっ!)




見事なまでのサイトマジック!
くっ、私は天才バスになれなかったよ。。


つか、警察官ったらバサーかよぉ〜。
言ってくれりゃぁ、話盛り上がったのにぃ〜。




で、違反金を納めに銀行へ。

入り口付近に案内係のおぢさんが。

うーん、何か嫌な予感がするぞ。
違う人に聞こう。


ちょっと、店内に入ったところにいた
案内係のおばさんに尋ねる。

まぁ、恥ずかしいことなので小声で。

「あのぅ、スピード違反しまして。。
 違反金を納めたいのですが。」


「あ、では順番札をお取りください。」

「何か用紙に記入は要らないのです?」

「えーと。。」

おばさん、知らないようで回答を迷う。

「あ、○○さーん!」

入り口付近にいた先ほどのおぢさんに
声をかけるおばさん。

「え!?なに!?スピード違反!?」

通常の人の5倍ぐらい大きな声をだすおぢさん。

「スピード違反!スピード違反ねっ!
 それ税金だから!
 この用紙に書いてね!」


スピード違反を大声で連呼するおぢさん。

ただでさえ、声が大きいので人が振り向く。

しかもスピード違反ってことで
何となく興味で振り向く人も。


恥ずかしさで顔を真っ赤にしながら用紙に記入し
順番待ちで席に座って「あっ!」と思いましたね。
「これ、ビックベイトだ!」と。


通常のルアーには出せないようなアピール度。
(常人ではありえない大声)



半径5mぐらいにいるバスは
全部寄せてくるような集魚力。
(周りの人が全員こちらを振り向く)



しかもコイツはラトル入りだ。
けたたましいまでの爆音だ。
(本当に声でかっ!)



見事なまでのストロングスタイル!
くっ、私の気持ちはシンキング。。


つか、銀行員ったらバサーかよぉ〜。
言ってくれりゃぁ、話盛り上がったのにぃ〜。



【本日の教訓】
日々、こんなこと考えてるけどね。
実際の釣りには役に立たないよ。





| bassken | どーでもいいこと | 15:20 | comments(3) | - | - | -
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
広告

このページの先頭へ