バスの件ですが。。【釣行記】

ブラックバスの釣り日記ってやつですね。
相模湖がメインですかね。
まあ初心者の私が書いているものなんで
皆様の釣りに役立つことはないです。。
ニヤリ程度に笑えます。
ワームリサイクルで自作ワームを作ってみた

JUGEMテーマ:趣味

バスの件ですが。。【TOPページへ】
バスの件ですが。。【釣行記一覧へ】



ついつい買ってはみたものの
な〜んか自分が思ってたのと違うとかで
な〜んとなく使わないワームってありません?


私は昔に友達の稲氏から大量にワームをいただいたのですが
そのまま数年ただただ寝かせていたのがあります。

SMAPが「BANG!BANG!バカンス」とかいう歌を発売してた年から
草なぎさんが裸で「慎吾ー!慎吾ー!」と公園で叫んだ時を経て
SMAPが解散する今まで寝かせてあります。

こんぐらいのが数袋あるんよ。





時代はエコ。
自然で遊ばせていただいている身としては
エコで自然に恩返しをしようじゃあーりませんか。
てことで、このワーム達を再利用しようじゃあーりませんか。



まぁ、そのまんま使えばいいんですけど
自分がよく使うワームに生まれ変わらせようってのが今回の試み。

要は既存ワームの型とって
使わないワームを溶かしてその型に流し込んで
既存ワームのコピーを大量生産しようってことです。

自作ワームってとこですかねぇ。

パ。。パクリじゃねーよ!
オマージュだよ、オマージュ!




コピーの作り方はいろいろとあると思うのですが
道具にお金がかかったり手間がやたらかかったりしたら
いや、もう普通にワーム買えばいいんじゃん?ってなるので
お安く簡単な方法でやることに決定。


てことで、道具は100均で調達。

まずはワームを溶かすやつ。
キッチンコーナーで見っけたチョコレート溶かすのに使うやつ。
まぁ、これは何でもいいんです。
良さげなもの見っつけてくださいな。





大事なのは型をとるための道具であるコイツ。
このお方がないと始まらない。





名前はいろいろあると思うけど
お湯で温めると何度でも柔らかくなるって謳っているやつ。

ちなみに私が買ったのはイロプラってやつ。
文房具コーナーにあったよ。



道具は以上!
300円。
この値段でワーム作れるならOKでしょ。




では早速作りましょ。

まずは元となるワームを選定。
私はシャッドシェープワームをチョイス。





溺愛カットテールは
ほぼどのお店でも100%置いてあって入手できるんだけど
シャッドシェープは置いてたり無かったりするんで
作れたら困らないな〜ってんで決定。



そしたら早速型をとりますよ。

買ってきたイロプラってやつですが
80℃のお湯に浸けるとグニャグニャに柔らかくなるんだそう。
その状態でワームに押し付けて型を取るって思惑。


つーかさー、80℃って半端じゃない?
その温度のお湯を用意するのって難しくない?
「沸騰したお湯で柔らかくなるよっ!」でよくない?
何?そのこだわり。
何?そのプロ意識。

てことで、自分ー、悪なんでー、さーせんってことで
沸騰したお湯で柔らかくしちゃう。





お湯から取り出しちゃえば手で触れる程度の熱さ。
噛みすぎて固くなってきたかな?ってガムぐらいの固さになってる。





今回はワームの上側と下側で2つの型を取る方法をやるので
グニグニしてワームの半分下に押し付ける。
この状態で水にさらせばイロプラが硬化してくれる。





硬化したらそのまま型が付いた状態で上側も型どり。

2つがカパっと合わさる感じで作る必要があるので
下図のように最初に作った型の方に凹凸を作っておくと
次に作る型を押し付ければ逆凹凸ができて
型を分解後、再度合体させる時にピタっと合わせやすくなるのですよ。





大雑把な私がやると当然こうなる。。
しっぽ出ちゃってるし。。





両方のイロプラを硬化させたら分解して
中のワームを取り出して型取りはおしまい。





次はワームを溶かして型への流し込み。
今回犠牲となるのはこの子達。





直ぐに解けるようにハサミでばらばらにちょん切る。
出来るだけ細かく、なるべく均一の大きさに切るのがコツ。
何故なら大きい塊が溶けきる前に
先に溶けてた部分が焦げてこないようにするため。





何故そんなことを知ってるかってーと
当然溶けきる前に焦がしてるからだっ!





ここで一番大事なのは換気扇を最大威力で回すこと!

いや〜、臭い!溶かされたワームは臭い!
「あー、絶対今寿命縮めてんなぁ〜」ってガスがガンガン出る!
しかもその後も臭いがこびり付いて臭い!

おかーさん、または奥さんが怖い方は止めた方がいいよ。
たぶん経絡秘孔の1つや2つ、突かれるよ。
あべしっ!!



でもって、溶けたワームを型に流し込む。
型は2つが離れないように輪ゴムとかで止めといて。





う〜ん。。
焦げだしたからあまり火にかけなかったせいか
それとも元々そんなもんか分からないんだけども
サラサラ〜とは流れ込んでくれない。
ドロドロ〜って感じ。
ネクターの飲み心地みたいな?





で、ドロドロワームは結構すぐに固まっちゃう。
私は待つのダルいので型ごと水をぶっかけたけどね。


十分固まったかなと思ったら型を取り外せば。。

おめでとう!自作ワームの完成だっ!!
このようにそっくりなワームが出来上がるっ!!



どんっ!!





いや。。なんか。。もう。。ね。。
笑う気すら起きない。。


似て非なるものじゃなくて
思いっきり全力で非なるものだ。

何でシャッドシェイプが原型なのに
完成は矢印になってるんだよ。
「 ← 」完全にこの形だよ。
何があるんだよ?その先によぉー!





つーことでね、
私みたく大雑把な人は「買え」と。
素直にお店でワームを買えと。

分けわからない矢印を大量生産してないで
使わないワームは友達にあげなさい。


でもって几帳面で器用なお方は
今回みたいなコピーではなく
オリジナルワームにも挑戦してみてくださいな。

紙粘土とか石粉粘土とかでオリジナルワームを作って
それ元に今回みたく型を取って大量生産でございまふ。




私もね、まぁ一応買ってはいるんですけどね。

考えに考えてオリジナルワームを作ってもね、
結局最終形態は矢印だろ?ってなもんですよ。
気が向いたらやるかも。。
いやっ!やらん!!




| bassken | どーでもいいこと | 15:56 | comments(8) | - | - | -
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
広告

このページの先頭へ